1. 人形結納.jp ひな人形 破魔弓 羽子板 名前旗の吉井 > 
  2. 結納品
  3.  > 結納セット 関西版 宝十六号 7点セット(青)
  1. 人形結納.jp ひな人形 破魔弓 羽子板 名前旗の吉井 > 
  2. 結納品 >
  3. 関西
  4.  > 結納セット 関西版 宝十六号 7点セット(青)
◆宝十六号セット①(松の高さ約25㎝)
【7点セット】松・竹・梅・鶴・亀・結美和・福槌
 V012-01 30,000円(税込) V012-01-B<15号高45㎝屏風付き>41,600円(税込)
特典1.目録筆耕料 (1,350円)は無料にいたします。(目録はセット数には含みませんが、付属しています。)
特典2.結納当日の進め目方を記した簡単でわかりやすい説明書をお付け致します。
特典3.このセットは、結納箱が1箱になりますので、三巾のふろしきを1枚(1,100円) と結納用品の下に敷く緑の毛せん半畳分:約90㎝×90㎝(1,650円)をお付けします。

<袴地(はかまじ)結納(ゆいのう)>女性から男性に返す結納返しで、用紙が緑色です。御養子様の場合は、赤色になります。

結納セット 関西版 宝十六号 7点セット(青)

定価: 32,400円(税込)

販売価格: 30,000円(税込)

【7点セットのみ】
松・竹・梅・鶴・亀・結美和・福槌

関西式結納は、西日本地域で使われます。
近畿、中国、四国では多くの場合、男性側から女性側へ贈るだけのもので、「結納を納める」と表現します。
京都、兵庫、山陰地方の一部では、女性側から男性側の一回り小さい結納飾り、あるいは納められた結納飾りの紙の色を赤から青に変えて、男性側へ「袴地料」として贈る習慣のところもあります。
関東式に比べ豪華な結納飾りを用い、それぞれ独立した白気台にのせて飾ります。
品数は必ず奇数とされ、基本は5点(松、竹、梅、鶴、亀)で7点、9点というのが一般的です。
結納品の中心になるのが、いわゆる結納金を包んだ金包で「小袖料」「帯地料」「宝金」と呼ばれます。


毛氈・風呂敷セットと目録・結納当日の進め方説明書き付属します。

この商品に対するお問い合わせ
数量:

ショッピングカート

結納セット 関西版 t宝十六号 7点セット(青)

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

新規コメントを書き込む